読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴミ箱

カマタさんがチラシの裏に書いた文章を破棄する場所

カマタ式ガブリエルフについて 応用編

カマタ式ガブリエルフについて

私が実践していることを紹介しつつ、

ランクマッチの勝率を上げることについて語ります。

 

 

 

 

前提記事です。

kamatakamata.hatenablog.jp 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12/24 16時頃追記しました

(→『6.FAQ』ミッドレンジロイヤル)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 12/26  23時頃追記しました

(→『6.FAQ』疾走ビショップ)

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12/27 19時頃追記しました

(→『6.FAQ』完コピできないんだけど!、フェアリー・エンシェントエルフはどこを殴る?)

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

1.勝てるデッキを考える

2.勝てるプレイを考える

3.プレイ以外で勝ちに繋がることを考える

4.精神論とオカルト

5.まとめ

 

 

99.蛇足

 

 

 

 

1.勝てるデッキを考える

私は勝てるデッキとしてガブリエルフを選んでいるわけですが、

その根拠となる事実や数字をつらつらと示していきます。

 

 

まずいつものを貼ります。

f:id:kamata1kamata:20161223003611j:plain

今回は遭遇率だけ抽出します。

エルフ   25%

ロイヤル  19%

ウィッチ  18%

ドラゴン  7%

ネクロ   6%

ヴァンプ  7%

ビショップ 19%

(※個別に四捨五入していますので1端数が出ています)

 

人口が多いリーダーに有利なデッキを選びましょう。

更に言うと、

そのデッキが人口少ないリーダーに不利でも気にしないようにしましょう。

 

私の場合だと、

ドラゴンへの勝率がフィフティーフィフティーでも、

24回しか当たってないので全体勝率にはさほど影響してないですね。

それより65回当たるビショップに74%勝てることの方が遥かに影響が大きいです。

 

環境を捉え、数字でものを考えることは非常に重要です。

100回単位で回した時に、稼げるポイントが大きく変動します。

 

環境に居ないリーダーには勝率悪いが、

環境に居るリーダーに勝率が良いとはっきり数字に現れている。

これがガブリエルフを握る時の説得力になると考えます。

 

 

 

次にこれを見ましょう。

f:id:kamata1kamata:20161223121355p:plain 

f:id:kamata1kamata:20161223140357p:plain

冥府超越バースです。

Masterランクは冥府と超越のすくつです。

理由は一杯ありますが、趣旨がそれるので今回は省略。

 

私も一応Masterランクの人間ですので、

上位4リーダー+冥府と超越(+冥府と超越を食おうとする疾走)

に勝てるようにするくらいの気概が必要だと考えます。

 

冥府には6:4と7:3の間くらいで勝ち越せているので問題なし。

 

超越にはギリギリ勝ち越せているのでこちらの基準もクリア!!!!!

(→説得力が非常に低くて申し訳ない……)

 

疾走は有利です。特に問題ありません。

 

 

と偉そうに語ってみましたが、

ぶっちゃけMP稼げてるプレイヤーに似たような分析をお願いしたら、

皆が皆「上位4リーダーには勝ち越せる」と発言する筈なので、

どのリーダーでも構築やプレイを磨けば環境に対応することは出来ると思います。

 

大切なのは自分のデッキを客観的に分析できる考え方です。

勝ててる時はそれを自覚して、なぜ勝ててるのかを意識。

その上で強いプレイ弱いプレイを自分の中で仕分けしていきましょう。

負けてる時もちゃんと統計取って、なぜ負けてるのかを分析。

そこから自分の問題が何なのか判断して、解決していきましょう。

(→構築、環境に苦手リーダーが多い、勝てる筈のリーダーにプレイミスで負ける等)

 

これを身につけると、

「今日は負けが込んでるけど、

 100回戦う頃には収束してる筈だし、ヘーキヘーキ!」

「連敗しちゃった……

 けどそういえば昨日はめちゃくちゃ連勝してたし、その揺り戻しかな」

みたいな考え方も身につけることができます。

 

メンタル面でもアドバンテージを取っていきましょう。

 

 

 

 2.勝てるプレイを考える

ガブリエルフの勝てるプレイは前提記事を読んでください。以上です。

 

他デッキでの強いプレイの覚え方については、

ぼくなんかより素晴らしいプレイヤーが書いた記事があるのでそちらを参照してください。

 

app.famitsu.com

(取り敢えず第7回を貼っていますが、バックナンバーも全て参考になるのでおすすめです)

 

 

 

3.プレイ以外で勝ちに繋がることを考える

プレイ以外で勝率を左右する要素も少なからずあると思います。

以下、羅列します。

 

・体調

連戦すれば連戦するほど脳みそは疲れてプレイの質が下がります。

疲れてきたら一旦休憩してリフレッシュしてから潜り直した方が勝率あがると思います。

寝る前に負けが込んでポイント取り戻そうと躍起になるとかも最低ですね。

眠い状態で勝てるなら誰も苦労しません。

大人しく早寝して、明日以降シャドウバースできる時間に

シャッキリした頭でプレイできるようにした方が遥かにオトクです。

風邪引いてる時は大人しく養生しとけ。

 

 

・時間帯

ニートタイムはプロが多い気がします。

アフター5はエンジョイ勢が多い気がします。

土日は普段触らない層が触ってる率が高い気がします。

 

あくまで体感であり、傾向の話です。

 

ニートタイムはマッチングしようとする母数が少ないので、

Masterでも3万台のAAとかと当たることがあります。

AAの人をバカにするわけではありませんが、私の経験上やはり、

同じ構築を使われるならマスターよりAAの方が楽な流れが多い

ため、これを狙って潜ってみるのも一興かもしれません。

このプレイが裏目に出てMPウン万稼いでいる猛者とマッチングしても私は責任を取れません。

 

アフター5は色んなスタイルでシャドウバースに向き合っている方が居る為、

プロだらけの時間よりはマッチングで文句を言うことが少なくてすむかもしれません。

ただ、この時間帯しか現れない人間でも強豪というのは一定数居るものですから、

そんなに目に見えて勝率が変わるってことはないと思います。

 

土日休みで普段はあまりシャドウバース触らない人達とマッチングできると、勝率が上がります。

理由は失礼になるので書きません。

 

 

全て誤差の範囲ですが、覚えておくと

昼間に理不尽な負け方しても「相手はプロだもんな……」と割り切れたり、

夕方にちょっと不思議なプレイをしてきた人が居ても「飲み会帰りで酔っ払ってやってたのかな?」と相手を慮ることが出来ます。

土日はアリーナに潜り得です。

 

それがなんやねん。

と言われればそれまでですが、私はこんなことを考えながらシャドウバースをプレイしています。

 

 

 

・継続してプレイする

人間は忘れる生き物です。

折角覚えたリノセウス算も対面の理想ムーブも、2~3日シャドウバースを離れていると思い出すのに時間がかかってしまいます。

最悪それでプレイミスして勝負を落とすこともあります。

 

カマタさんは今月のはじめ、1ヶ月ぶりに真面目にランクマッチやったんですけど、

最初の10戦くらいは滅茶苦茶勝率悪かったです。

今思えばかなり漫然とプレイしていました。

 

皆さんもなるべくモチベーションが高い内に知識を詰め込んで定着させ、

忘れないうちにポイントに換算してしまうのがいいと思います。

 

 

 

 

4.精神論とオカルト

シャドウバースはなるべく健やかな精神でプレイしましょう。

イライラしながらだとプレイが荒れます。

それで負けが込んで更にイライラして……などは悪循環の極みです。

シャドウバースを健全に楽しむのに役立つ知識を提供します。

 

 

・美少女を崇める

シャドウバースは日本のオタク向けゲームです。美少女イラストいっぱいです。

どんなデッキを組んでも美少女が一人も居ないことはないでしょう。

その女の子に愛を捧げ、その女の子を勝負で活躍させることに全霊をかけましょう。

ぼくはテンポエルフの女性はみんなママだと思ってプレイしています。

勝ったらママに感謝しますし、負けたとしてもママ達と遊べた時間はとても楽しいので苦にになりません。

やっぱ美少女だらけのテンポエルフってネ申だは(笑)

 

 

・寛容になる

切断やエイラなど、一部熱烈に嫌われている者もいますが、

あーゆーのはネタにして笑いに変えればいいんですよ。

Twitterでシャドウバースクソコラグランプリで検索してみてください。

エイラとか応答待ちネタめちゃくちゃあって笑えますよ。

ネタで笑った後なら、

実際シャドウバースのアプリ内でそれらの行為を受けてもある程度温かい気持ちで見守ってやれるのではないでしょうか。

確かにイライラして晒したり悪態突きたくなる気持ちも理解できるのですが、

周りまでギスギスさせたらまた自分に不快が降り掛かってる原因になるかもしれませんからね。

ストレスの種は抱えないに限ります。

 

 

・シャドウバースを楽しむ

勝ちたい、ポイントを稼ぎたい、さっさとMasterになりたい。

気持ちはわかるんですが、それらの為に義務感でシャドウバースと向き合っているようでは、長続きしないのではないでしょか。

こんなもんただのカードゲームのアプリですよ、

楽しいからやる。楽しくなかったらやらないでいいでしょう。

(→私は勝つのが楽しい人間だったので、勝率を求めてプレイするのが楽しくて続いてしまいましたが……)

ストレスを感じながらポイント稼ぎに毎日時間を使ってる人がいたら、

無理してつまんないゲームに張り付かず、ちょっと暫く他の娯楽に手を出して来た方がいいと思います。

んで、久々にシャドウバースやったら滅茶苦茶楽しいかもしれません。

そうであることを願っています。

 

 

 

次、オカルト。

私が信奉している説を羅列しておきます。

 

・メガネコラを作ると引きがよくなる

・ママに愛を捧げていると引きがよくなる

・デッキ解説記事を書くと引きがよくなる

・剥ぎコラを作ると引きがよくなる

全て体感では事実に感じます。よろしくお願いします。

 

f:id:kamata1kamata:20161224050508p:plain ←ママ認定した女性にメガネをかける最強のプレイング

 

 

 

5.まとめ

一連の記事を書くのに総計10時間はかけました。

この時間があればMPいくつ稼げたんだろう。

活用してもらえたら嬉しいです。

 

多分後で読み返して「あ~エボルヴん時はこんな環境だったな~」って感慨に浸るので、全く無駄に時間を浪費したとは思っていません。

それでもやはり、それ以上にこの記事になんらかの価値を見いだせたら嬉しいです。

具体的には、感想コメントとか、拡散とか、この記事の内容を活用して連勝できた報告とか、この記事からシャドウバースメガネ女子愛好会の存在を知ってくれる人が生まれてくれれば素晴らしいなあと思っています。

(→記事内によく登場するメガネ女子が気になる方はTwitterで「#シャドウバースメガネ女子愛好会」というハッシュタグを検索!)

 

 

来月も報酬目当てで走ることになったら、

1ヶ月分のデータで似たようなことしてみたいなーと思っています。

予定は未定です。

 

 

 

「この記事書いてたせいで月間1000位入れなくて光るオリヴィエママ貰えなかった!」

などと言い訳することがないように、あと一週間頑張りたいと思います。

応援よろしくお願いします。

 

f:id:kamata1kamata:20161224051749j:plain

 

 

 

 

 

6.FAQ

 

Q1.ミッドレンジロイヤルに勝てません!どうすればいいですか?

 A1.勝てます。以下を参考にしてください。

 

 

 

まず数字を晒します。

 

f:id:kamata1kamata:20161224161605p:plain

(→以前ロイヤル対策で貼った表からミッドの数字が1減っています。

 中身精査してたら明らかにミッドじゃない備考が書いてある行が一つあった為です。

 多分他のデッキタイプの数字も±1くらいは余裕で変動します。

 その程度の大雑把さであることを把握し、情報信憑性を査定してください。)

 

次に大雑把なメモ。

f:id:kamata1kamata:20161224161747p:plain

(※最後の行、勝負結構長引きましたが

  アレキサンダー以外に重い札見なかったのでギリギリミッドの判定です)

 

 

ティアの記述が目立ちます。

ティアの使い方をマスターしましょう。

 

7PPで1,1ティアもテンポ感があってつよいのですが、ほぼ確実に除去されます。

(→一振り、ノーヴィス、アルビダ、バフでの打点追加)

ここはグっと我慢して、8PPで1,1,ティア,導きを狙いましょう。

 

どうせ一気に体力を持っていかれるデッキではありません。

1ターンくらい休んで顔面どつかせても最終的に勝ちを拾えます。

 

 

更に、こちらの処理に相手の盤面を消費させた場合、

向こうの切り札であるセージコマンダーがクソザコナメクジになります。

終盤のミッドロイヤルはちっこいフォロワーを数体並べるとか

アルビダ打つとか1~2体に+1/+1バフかけるだけのあわれなおっさん登場とかしかやってきません。

 

6/6守護を何度も立てていれば、相手の攻め手が尽きて勝手に死んでいきます。

ミッドレンジと戦う場合においては、速度よりも継戦能力を求めた方が勝率が上がるでしょう。

 

 

こっちの場にフェアリー一杯、相手の盤面には乙姫とお守り隊。手札にはシンシア。

そういう盤面では、相手のその後の展開を弱くするために盤面全処理で持久戦をしかけてもよいでしょう。

 

f:id:kamata1kamata:20161224192048j:plain

↑なんとなくミドロと持久戦するイメージです。

 2枚目の乙姫だされても真面目に処理してると流石に押し切られかねないので

 どこから顔面どつき始めるかが肝要です。

 

 

 

次に勝ち、負けを先攻後攻ごとに見ていきます。

 

【勝ち】

・こちら先攻

まず、試合の流れ。

こちらのシンシア返しに相手が乙姫、返しにガブリエルでほぼ大勢が決します。

 

その前にオーレリアをどないするかが争点です。

素出しティアからのイヴ進化で突破。

先5でメイジ進化しても0コストフェアリー撒かない。

(→リノかティア握ってる場合のみ。シンシア握ってるなら出した方がいいでしょう)

オーレリアを引かれないよう相手に呪詛を送りつける作戦も有効です。

 

 

次に、上の表を見ながら話します。

 

エンシェントの記述が目立ちます。

序盤でデカいエンシェントを立ててフローラルを止めた回だと思います。

Masterのロイヤルは一振り少ない気がします。

先攻メイリノセウスエンシェントとかもガンガン狙いましょう。

(→先2リノセウスならノーヴィスも間に合わないため)

 

リノセウスも多いですね。

先攻でシンシアガブリエルで虫の息にしてリノセウスでトドメだと思います。

リノセウスは殴り返しが確定している中盤では投げず、トドメに使いましょう。

 

ティアも強いです。

シンシアガブリエルで虫の息と化した相手に、コンボティアで追い打ちをかけます。

シンシアガブリエルの盤面を返した相手の盤面はボコボコのはず。

そこに1/1と1/1と1/1と6/6突進守護が襲いかかってきます。

相手は処理しきれず死にます。

 

 

・こちら後攻

表内の右端部分にティアばっか書いてあります。

ミッドとの勝負の鍵を握るのはやはりティアです。

後攻メイジティアのガイジムーブで対面に過剰なストレスを与えましょう。

f:id:kamata1kamata:20161224164108j:plain

 

後攻は手札が豊富でEPも多いため、メイジリノルートも非常に狙いやすいです。

7PPでも0011リノ導きリノで12点出せます。それまでに8点削っておけば勝ちです。

 

2/2/2フォロワーには森荒らし、オースレスにはメイが刺さります。

森荒らしで生まれたフェアリーはエンシェントの肥やしにします。

メイは導きやエンシェントで使いまわしてすこしでも盤面の取り合いを有利にします。

先攻は手札がすぐ尽きます。

エンシェントで攻め手を受け止めて、乙姫セージが来なければ、ティアのコンボ達成した時点でほぼほぼ勝ちでしょう。

 

最速メイジ進化からは、なるべく次ターン以降のコンボ狙いの展開がよいでしょう。

次の先5で投げられるオーレリアが弱くできます。

 

 

 

【負け】

 

・こちら先攻

フローラルフェンサーが強すぎます。

こちらがコンボを有益に使えない場合は、メイジより合計サイズが1/1デカいです。

フローラルオーレリア乙姫セージと流れられるとなかなかにきついです。

向こうも大概マナカーブ通り流れてるだけで勝てるデッキですね。

ロイジ。

 

 

・こちら後攻

すみません。ここだけは表とは別の話をします。

ミドロに後攻取ることでキツいのは乙姫セージが妨害しにくいことです。

(→表内は終盤の決まり手を書いてます。中盤の乙姫セージはほぼ当たり前なので省略します)

 

乙姫セージを効果的に使われるだけで4/4得されます。

コンボティアより強烈な数字です。

 

乙姫セージを如何に防ぐか、ここが勝負の鍵です。

 

先6乙姫の返しはほぼ確実にEPつかって盤面処理します。

森荒らしも使いますし、お守り隊処理の為にリノセウス投げることもあります。

00ティア導きもいいでしょう。

 

何度も言いますが、ミッドロイヤルは手札切れさせれば勝ちです。

向こう先攻で乙姫とセージを複数握られることはそうそうないでしょう。

こちらはどれだけテンポロスしてもいいので、

1回乙姫セージを乗り切り、ティア使いまわす姿勢を確立しましょう。

そうでなくとも、取り敢えず2枚目の乙姫や、

展開し直してからの2枚目のセージまでにシンシアガブリエルで盤面取れれば勝ちが近づきます。

 

あと序盤のアセンティックとかもきついです。

とにかく森荒らしはキープ。苦手なカードをガンガン処理していきましょう。

 

 

以上を気をつければミッドロイヤルには勝てるんじゃないかと勝手に思っております。

その代わり、ミッドだと思ってゆっくり戦ってた相手にアレキオリヴィエ辺りを投げられてあたふたして負ける回も増えます。

遭遇率はミッドの方が何倍も高い為、ミッドに勝てるプレイしてればロイヤル全体に勝ち越せるかと思います。

参考にしてください。

 

 

 

Q2.疾走ビショップに勝てません!どうすればいいですか?

 A2.勝てます。以下を参考にしてください。

f:id:kamata1kamata:20161226231333j:plain

f:id:kamata1kamata:20161226231452j:plain

f:id:kamata1kamata:20161226231506j:plain

 

エイラとばっとりでワロタ(感想)

 

前の記事を見て貰えば解るんですが、

カマタさんは疾走率51%のおばさんに勝率74%取っています。

カマタさんと40枚同じ構築で疾走に勝てないってのは中々考えられないでしょう。

 

Masterではガブリエルやギルガメッシュを入れた疾走はなかなか見ませんが、

勝負のキモはもっと前にあるのであまり勝率には絡まないと思います。

(→ぶっちゃけ神域の守護者の方がうん倍キツいです)

 

疾走ビショップにかぎらず、ミッドレンジくらいのデッキには盤面処理を押し付ける立ち回りが重要です。

相手の体力は減るし、それを止めるために相手の殴り手は無駄に消耗していく。

こっちは盤面返される度に新しいフォロワー投げてればいいんです。

こっちの手札尽きる前に相手のライフが尽きたら勝ち。

そして、エルフは少ない手札でも展開しうるカードが一杯であることはここまでで紹介した通りです。

 

相手のデッキタイプによって勝ち方を選択できるのがテンポエルフの強みです。

「相手の顔面攻めを盤面処理でいなして勝つ」

「相手の顔面攻めをギリギリ上回る勢いで顔面攻めて勝つ」

「相手の盤面処理をガン無視して顔面攻めて勝つ」

どのタイプにどの勝ち方が有効なのか、しっかり覚えてマリガン前からプランを決めて動きましょう。

 

 

 

 

Q3.完コピできないんだけど!

完コピしなくても、38枚くらい一緒なら全体勝率は同じくらいに持っていけます。

以下を参照してください。

 

f:id:kamata1kamata:20161227190444j:plain

 

f:id:kamata1kamata:20161227190506j:plain

f:id:kamata1kamata:20161227190517j:plain

 

デッキの構築が95%一緒なら、勝ちやすいデッキ勝ちにくいデッキが多少変わるだけで、全体としての勝率は変動しません。

それよりも、まずはなるべくカマタ式のレシピに寄せて、この記事で指南していた戦い方をしてみましょう。

「カマタさんの言うとおりにしたら勝てた!」って報告が一杯来ているので、勝てる筈です。

大事なのは強い構築にすることではなく、その構築で強いプレイができるようになることです。

プレイの解説はカマタさんの記事でもうこいつ頭おかしいんじゃないのってくらい丁寧にやってます。

きっと、シャドバ芸人カマタさんくらいのそこそこ強いプレイは身につくと思います。

(→そしてそれを活かせるのは、カマタ式のレシピかそれに近いデッキだけです。)

よろしくおねがいします。

 

 

 

Q4.フェアリー・エンシェントエルフはどこを殴る?

非常にデリケートな問題です。以下を参照してください。

 

f:id:kamata1kamata:20161227191050j:plain

f:id:kamata1kamata:20161227191101j:plain

f:id:kamata1kamata:20161227191114j:plain

f:id:kamata1kamata:20161227191138j:plain

 

 

 またエイラやられてるよ(笑)

他の言いたいことは画像の中に大体詰まってます。

ちょっと表現怪しい所ありますが、各自脳内補完してください。

どうしても納得できないところは、カマタさんに直接質問くださいね。

 

 

 

 

99.蛇足

閲覧者からの感謝の声が届いております!!

この場を借りてご紹介させて頂きます!!!

 

 

 

f:id:kamata1kamata:20161224051953j:plain

 

 

 

 

f:id:kamata1kamata:20161224052216j:plain

 

 

 

 

f:id:kamata1kamata:20161224052451j:plain

 

 

f:id:kamata1kamata:20161224105426j:plain

 

 

f:id:kamata1kamata:20161224105438j:plain

 

 

 f:id:kamata1kamata:20161224170047j:plain

 

 

 

 

 

自分の記事に客観的な説得力与える根拠添えて貰えて嬉しいです。

 

みなさんありがとうございました。

 

 

 

コメントで質問とか「ここの解説が足りねーぞ!」って指摘貰ったらここに蛇足として書き足すつもりです!

よろしくお願いします!!!